転職は病院勤務看護師の仕事疲れ解消手段!

サイトについて

ずいぶん長く看護師として勤務しましたが、もうそろそろリタイアが近くなってきました。若いナースたちの仕事疲れを少しでも癒せればと思います。

新しい記事

環境の良い病院への転職を検討しよう

環境の良い病院への転職を検討しよう

ストレスが解消できない、仕事疲れが抜けない、リフレッシュも効果がない、という仕事疲れが深刻な看護師は、思い切って職場環境を変えてみることもひとつの選択肢です。今勤務している病院じゃなくても、看護師の仕事を続けることはできます。無理をしすぎて倒れてしまっては、看護師の仕事自体が続けられなくなってしまいますよね。その時のライフスタイルの変化や自分自身の変化に合わせて、より働きやすい病院へ転職することは悪いことではありません。

待遇を改善したいなら「看護のお仕事」

看護師の転職を専門とするサイトは数多くありますが、その中でも求人情報量が業界一という凄さを誇る「看護のお仕事」がとてもオススメです。このサイトでは、他の求人情報サイトには載らない情報が掲載されることもあるので、より待遇の良い勤務先を探すことに繋げることができます。「看護のお仕事」は、キャリアコンサルタントが退職までの全ての転職活動をサポートしてくれるという待遇の良さを持っています。加えて、看護師の地位が向上するようにと「ペリプロ」という名前の活動もしており、転職サポートだけでなく地位向上も重視している看護師の味方のサイトとなっています。

地域密着で探すなら「キャプラ看護ナビ」

全国規模の大きな看護師求人サイトを利用することは、非常に大きなメリットがあります。しかし、地方の求人は大規模なサイトを使うよりも地域密着型のサイトを利用した方が良い場合もあるのです。中国・四国で看護師の求人を探すのであれば、「キャプラ看護ナビ」がとてもおススメです。「キャプラ看護ナビ」では、その地域出身のコンサルタントが働いており、直接医療機関に出向いて信頼関係を築いた上で仕事を集めてきます。そのため、求人情報の内容だけでなくその医療機関の雰囲気や人間関係といった転職の際に役立つ情報も沢山知ることができるのです。メールでの相談もできるので、自分のスタイルに合わせて利用できます。

お祝い金もGET!「ジョブデポ」

求人情報サイトを利用するメリットは、膨大な情報から求人を選ぶことができるだけでなく、お祝い金をゲットできるというものもあります。多くのサイトでお祝い金の制度が確立されていますが、「ジョブデポ」というサイトでは業界一である最高40万円のお祝い金を貰うことができるのです。転職の際にはお金がかかるため、とても嬉しい制度ですね。お祝い金以外にも、「ジョブデポ」に掲載されていない条件の求人を新たに開拓することができるサービスも展開されています。「ここで働きたい」と思ったら、コンサルタントに掛け合うことで新たな求人を得る可能性があるのです。

看護師におすすめの記事

看護師の夜勤疲れ
看護師の夜勤疲れ

夜勤は、看護師の仕事の中でも非常に重要なものとなっています。日中一生懸命仕事をした後で、夜に看護師が少ない中で仕事をすることになります。自分が担当する仕事量が増えるため、日中よりもハードで仮眠を取る時間もなくなってしまいます。加えて、夜勤リーダーとなった看護師が患者や家族への対応の責任者になることから、自分の判断への重要度がかなり増して精神的なプレッシャーも感じることになります。身体面だけでなく精神面でも大きな影響を及ぼすため、看護師の多くが疲れ切ってしまうことも少なくありません。夜勤疲れによって仕事を辞めたくなる看護師もいることから、非常に重大な問題となっています。看護師の夜勤疲れの続きはこちら

夜勤の精神的な疲れはペットで癒されよう
夜勤の精神的な疲れはペットで癒されよう

夜勤によって体調を崩す看護師の数は少なくありません。夜勤は非常にハードで精神的な疲れも大きいことから、そのような体調の変化が引き起こされます。体調を崩すと周りに迷惑がかかるため、様々な体調管理法を実践して体調を維持することが必要です。その方法の一つにペットを飼うというものがあります。ペットには、触れ合ったり一緒に過ごしている人を癒すという効果があります。動物療法として利用されることもある高い癒し効果は、飼い主の精神的な不安を解消し幸福感を与えてくれます。ペットを飼う事ができる人は、仕事疲れの癒しに検討してみる価値がありますよ。夜勤の精神的な疲れはペットで癒されようの続きはこちら

子育て疲れは短時間勤務で軽い運動も
子育て疲れは短時間勤務で軽い運動も

女性看護師にとっては、仕事と子育てを両立できるかは非常に重要になります。両立できないようであればどちらかを捨てなければなりません。しかし、仕事を辞めると再就職が大変になるということで、そのまま仕事を続け、子育てが疎かになることもあり得ます。そこで、短時間勤務の制度を導入する病院が増えてきているのです。これによって子育てと仕事の両立が可能になりますし、仕事への不安も解消することができます。また、子育てでも疲れが溜まってしまうため、軽い運動をするようにして気持ちをリフレッシュすることが大切です。子育て疲れは短時間勤務で軽い運動もの続きはこちら