夜勤疲れに悩む病院勤務の看護師たち

サイトについて

ずいぶん長く看護師として勤務しましたが、もうそろそろリタイアが近くなってきました。若いナースたちの仕事疲れを少しでも癒せればと思います。

新しい記事

看護師の夜勤疲れ

LINEで送る

体の不調で辞めたがる人が多い

看護師になりたいと思って勉強し、晴れて念願が叶って病院勤務を始めても、そのハードな仕事に耐えられずに疲れ切ってしまうことはよくあることです。患者の容体や搬送に左右されることが多いため、勤務時間が終わっても残業をしなければならないこともありますし、夜勤で疲れてしまうこともあります。特に夜勤は、人が寝るはずの時間にハードな労働をすることになるため、体への負担が非常に大きくなってしまうのです。
看護師は、夜勤専属でない限りは日中にも同じようにハードな労働をすることになります。日中と夜の両方働くことになると、体は今は昼と夜のどちらなのかと困惑してしまいます。つまり、体内時計が狂ってしまうということです。生活リズムがしっかりしていないと、睡眠障害が発生し睡眠不足に繋がります。人間の体には適度な睡眠が必要ですから、これによって肌荒れや慢性的な疲労が引き起こされて体調を崩すことになってしまうのです。
加えて、夜勤は看護師の人数が日中よりもかなり少なくなるため、看護師1人に課される仕事の内容はかなり多くなってしまいます。こうなると、非常に忙しいということから仮眠を取る時間も確保できなくなります。ただでさえ体内リズムが崩れて睡眠不足が発生しているのに、仮眠もとることができないということであれば、更に睡眠時間が減ってしまい体への負担が更に大きくなってしまうのです。

体の不調だけでなく、精神的にも大きな負担が

看護師が夜勤が辛いという理由で辞めたいと思う理由は、体の不調だけではありません。精神的な辛さも影響してくるのです。
夜勤の場合には日中の勤務と比べて大きく違う点があります。それは責任者の有無です。これは大きな病院よりも小さな病院の方が影響が大きくなります。小さな病院の場合は、夜勤のリーダーとなった看護師が責任者として患者やその家族の対応に当たらなければなりません。適切な対応をしなければならないということで、これは非常に大きなプレッシャーになります。
その他にも、当直医に連絡をするべきかどうかという判断を任されるという点でも精神的に負担となることがあるのです。病院には、夜であっても医師が残っています。しかし、この医師は「当直」という扱いのため、特に大きな患者の急変などがない 限りは、仮眠をとって何かあった時の為に備える事になっています。つまり、もし患者に何か変化があって医師に診てもらうことになれば、電話をして起こすということになるのです。もしドクターコール条件までいかない程度の患者の変化であれば、コールをするかどうかで迷うことになります。自分の判断がかなり重要になることから、精神的に辛い思いをして疲れ切ってしまう看護師が出てくるということなのです。

看護師におすすめの記事

看護師の夜勤疲れ
看護師の夜勤疲れ

夜勤は、看護師の仕事の中でも非常に重要なものとなっています。日中一生懸命仕事をした後で、夜に看護師が少ない中で仕事をすることになります。自分が担当する仕事量が増えるため、日中よりもハードで仮眠を取る時間もなくなってしまいます。加えて、夜勤リーダーとなった看護師が患者や家族への対応の責任者になることから、自分の判断への重要度がかなり増して精神的なプレッシャーも感じることになります。身体面だけでなく精神面でも大きな影響を及ぼすため、看護師の多くが疲れ切ってしまうことも少なくありません。夜勤疲れによって仕事を辞めたくなる看護師もいることから、非常に重大な問題となっています。看護師の夜勤疲れの続きはこちら

夜勤の精神的な疲れはペットで癒されよう
夜勤の精神的な疲れはペットで癒されよう

夜勤によって体調を崩す看護師の数は少なくありません。夜勤は非常にハードで精神的な疲れも大きいことから、そのような体調の変化が引き起こされます。体調を崩すと周りに迷惑がかかるため、様々な体調管理法を実践して体調を維持することが必要です。その方法の一つにペットを飼うというものがあります。ペットには、触れ合ったり一緒に過ごしている人を癒すという効果があります。動物療法として利用されることもある高い癒し効果は、飼い主の精神的な不安を解消し幸福感を与えてくれます。ペットを飼う事ができる人は、仕事疲れの癒しに検討してみる価値がありますよ。夜勤の精神的な疲れはペットで癒されようの続きはこちら

子育て疲れは短時間勤務で軽い運動も
子育て疲れは短時間勤務で軽い運動も

女性看護師にとっては、仕事と子育てを両立できるかは非常に重要になります。両立できないようであればどちらかを捨てなければなりません。しかし、仕事を辞めると再就職が大変になるということで、そのまま仕事を続け、子育てが疎かになることもあり得ます。そこで、短時間勤務の制度を導入する病院が増えてきているのです。これによって子育てと仕事の両立が可能になりますし、仕事への不安も解消することができます。また、子育てでも疲れが溜まってしまうため、軽い運動をするようにして気持ちをリフレッシュすることが大切です。子育て疲れは短時間勤務で軽い運動もの続きはこちら