ストレス解消!看護師の病院勤務疲れはこまめにリフレッシュしよう

サイトについて

ずいぶん長く看護師として勤務しましたが、もうそろそろリタイアが近くなってきました。若いナースたちの仕事疲れを少しでも癒せればと思います。

新しい記事

病院勤務看護師のリフレッシュ法

病院勤務看護師のリフレッシュ法

仕事疲れに悩む看護師は、まず日々の生活の中でリフレッシュに役立つアイテムを少しずつ取り入れていきましょう。ストレスはたくさんためて一気に開放しようとすると反動が起きてしまいます。毎日少しずつ解消してストレスをたくさんためないようにすることが、もっとも良いリフレッシュ方法です。アロマキャンドルを活用してリラックスできる時間をつくったり、ペットと過ごす時間をつくるのも良いですよね。お風呂に浸かったり読書をしたりDVDを見るなど、忙しい日々の中に少しでもほっとできる時間をつくることが大切です。

子育て疲れは短時間勤務で軽い運動も

看護師の9割以上が女性ということで、仕事と子育ての両立が非常に重要視されています。子育てとの両立が出来なければ、仕事を辞めることにも繋がってしまうため、最近では仕事を辞めなくて済むようにと、短時間正職員制度などが導入されるようになりました。この制度は、勤務時間を短くすることで、子育てに費やせる時間を確保しようというものです。これによって子育てへの時間は増えますが、それと同時に子育て疲れも溜まるようになります。疲れを溜め込まないように、普段から軽い運動をするように心がけ、気分をリフレッシュできるようにする必要があります。

夜勤の精神的な疲れはペットで癒されよう

看護師の夜勤疲れは、精神的にかなり大きな影響を与えます。疲れが溜まることで体調の変化が表れるようになり、場合によっては体調を崩して仕事を休むことにもなりかねません。仕事を休んでしまうと周りのスタッフに迷惑がかかってしまうため、なるべくそうならないように体調管理をしっかりとする必要があります。体調管理法は様々ありますが、その中でもペットを飼って癒してもらうという方法はとてもおススメです。ペットの癒し効果は動物療法としても利用されるほどであり、夜勤で疲れて参った精神にはとても大きく作用します。ペットとの触れ合いでオキシトシンが分泌されることで、幸福感も得られます。

人間関係疲れはアロマキャンドルですっきり忘れる

人間関係は、仕事をしていく上では非常に重要になります。もし職場に良好な関係を築けない人がいるのであれば、その仕事を辞めて転職したいという考えに至ることもあるほどです。ですが、転職を考える前にどうやったらその人間関係を改善できるかを考えることが大切です。相手を変えることはできないことから、まずは自分の考え方やコミュニケーションの改善を図ることから始めます。それによって人間関係を改善できれば、自ずと人間関係による疲れもなくすることができます。しかし、時には疲れが溜まってしまうこともあるため、そのようなときはアロマキャンドルを使って心を癒すことも大切になります。

看護師におすすめの記事

看護師の夜勤疲れ
看護師の夜勤疲れ

夜勤は、看護師の仕事の中でも非常に重要なものとなっています。日中一生懸命仕事をした後で、夜に看護師が少ない中で仕事をすることになります。自分が担当する仕事量が増えるため、日中よりもハードで仮眠を取る時間もなくなってしまいます。加えて、夜勤リーダーとなった看護師が患者や家族への対応の責任者になることから、自分の判断への重要度がかなり増して精神的なプレッシャーも感じることになります。身体面だけでなく精神面でも大きな影響を及ぼすため、看護師の多くが疲れ切ってしまうことも少なくありません。夜勤疲れによって仕事を辞めたくなる看護師もいることから、非常に重大な問題となっています。看護師の夜勤疲れの続きはこちら

夜勤の精神的な疲れはペットで癒されよう
夜勤の精神的な疲れはペットで癒されよう

夜勤によって体調を崩す看護師の数は少なくありません。夜勤は非常にハードで精神的な疲れも大きいことから、そのような体調の変化が引き起こされます。体調を崩すと周りに迷惑がかかるため、様々な体調管理法を実践して体調を維持することが必要です。その方法の一つにペットを飼うというものがあります。ペットには、触れ合ったり一緒に過ごしている人を癒すという効果があります。動物療法として利用されることもある高い癒し効果は、飼い主の精神的な不安を解消し幸福感を与えてくれます。ペットを飼う事ができる人は、仕事疲れの癒しに検討してみる価値がありますよ。夜勤の精神的な疲れはペットで癒されようの続きはこちら

子育て疲れは短時間勤務で軽い運動も
子育て疲れは短時間勤務で軽い運動も

女性看護師にとっては、仕事と子育てを両立できるかは非常に重要になります。両立できないようであればどちらかを捨てなければなりません。しかし、仕事を辞めると再就職が大変になるということで、そのまま仕事を続け、子育てが疎かになることもあり得ます。そこで、短時間勤務の制度を導入する病院が増えてきているのです。これによって子育てと仕事の両立が可能になりますし、仕事への不安も解消することができます。また、子育てでも疲れが溜まってしまうため、軽い運動をするようにして気持ちをリフレッシュすることが大切です。子育て疲れは短時間勤務で軽い運動もの続きはこちら