病院の人間関係に悩む看護師におすすめ!簡単なリフレッシュ方法

サイトについて

ずいぶん長く看護師として勤務しましたが、もうそろそろリタイアが近くなってきました。若いナースたちの仕事疲れを少しでも癒せればと思います。

新しい記事

人間関係疲れはアロマキャンドルですっきり忘れる

LINEで送る

価値観の違いを理解して良好な人間関係を築く

どんな人が相手でも、完璧な人間関係を築くことができるという人はそう多くはありません。この人とはウマが合うなと思う人もいれば、合わないと感じる人も当然にいます。これは、人間一人一人の価値観が違うという理由によって引き起こされます。持っている価値観が違えばその考え方も変わるため、どうしても相手の考えと自分の考えが違うという現象が引き起こされてしまうのです。考えが違えば当然ながら意見も違います。そうなると話し合いの場でも相手の意見との食い違いが生じて、「あの人は無理」とか「あの人とは合わない」という結論を出すに至ってしまいます。
看護師に限らずどんな仕事でも、職場の人間関係は非常に重要です。人間関係が悪ければ、その職場を離れたいという気持ちが生まれてしまいます。自分の価値観と違っているからといって、自分の思い通りに他人を変えることはできません。ですから、価値観が違うこともあることをよく理解した上で、相手のことを大事にして良好な人間関係を築く必要があるのです。

人間関係改善のための方法

人間の持つ価値観は、知性・社会・お金・家族・身体という5つに分類されます。これらの中でもどれに重点を置いているかによって、考え方や意見にも違いが出てきます。違いが出るということはコミュニケーションが十分にとれないことにも繋がるため、職場で良好な人間関係を築けていないのであれば、まずはコミュニケーション能力の改善を心がける必要があるのです。改善のためには、誰と人間関係が上手くいっていないのかを書き出してみることが大切です。そして、その人が何に価値観を見出しているのかを考えた上で自分がその人に求める行動と相手の価値観を擦り合わせます。これらの方法によってコミュニケーション能力の改善が出来たら、今度は相手の行動が自分にどのように役に立っているのかを理解するようにします。相手が自分の思っている行動と違う行動をしても理解するように心がけて、感謝をすることによって改善した関係を長続きさせることができるのです。そして最後に、人をジャッジすることを止めることで、ここまでのステップを習慣化することができます。

仕事疲れを癒すアロマキャンドル活用法

関係を改善する方法に加えて、人間関係の疲れを癒すことも非常に大事になります。
疲れを溜めこまずストレスを感じないようにするためには、アロマキャンドルを使用する方法がオススメです。アロマキャンドルは、火を付けなくてもインテリアとして楽しむことができますし、そのまま香りを楽しむこともできます。香りをかぐことによって心を癒すことも良いですし、火を付けてゆったりとした揺らめきを見て視覚から安心感を得るのも良いですね。アロマキャンドルは、お風呂場で明かりを消して使用することでも癒し効果が得られるので、疲れている人にはとてもオススメできます。

看護師におすすめの記事

看護師の夜勤疲れ
看護師の夜勤疲れ

夜勤は、看護師の仕事の中でも非常に重要なものとなっています。日中一生懸命仕事をした後で、夜に看護師が少ない中で仕事をすることになります。自分が担当する仕事量が増えるため、日中よりもハードで仮眠を取る時間もなくなってしまいます。加えて、夜勤リーダーとなった看護師が患者や家族への対応の責任者になることから、自分の判断への重要度がかなり増して精神的なプレッシャーも感じることになります。身体面だけでなく精神面でも大きな影響を及ぼすため、看護師の多くが疲れ切ってしまうことも少なくありません。夜勤疲れによって仕事を辞めたくなる看護師もいることから、非常に重大な問題となっています。看護師の夜勤疲れの続きはこちら

夜勤の精神的な疲れはペットで癒されよう
夜勤の精神的な疲れはペットで癒されよう

夜勤によって体調を崩す看護師の数は少なくありません。夜勤は非常にハードで精神的な疲れも大きいことから、そのような体調の変化が引き起こされます。体調を崩すと周りに迷惑がかかるため、様々な体調管理法を実践して体調を維持することが必要です。その方法の一つにペットを飼うというものがあります。ペットには、触れ合ったり一緒に過ごしている人を癒すという効果があります。動物療法として利用されることもある高い癒し効果は、飼い主の精神的な不安を解消し幸福感を与えてくれます。ペットを飼う事ができる人は、仕事疲れの癒しに検討してみる価値がありますよ。夜勤の精神的な疲れはペットで癒されようの続きはこちら

子育て疲れは短時間勤務で軽い運動も
子育て疲れは短時間勤務で軽い運動も

女性看護師にとっては、仕事と子育てを両立できるかは非常に重要になります。両立できないようであればどちらかを捨てなければなりません。しかし、仕事を辞めると再就職が大変になるということで、そのまま仕事を続け、子育てが疎かになることもあり得ます。そこで、短時間勤務の制度を導入する病院が増えてきているのです。これによって子育てと仕事の両立が可能になりますし、仕事への不安も解消することができます。また、子育てでも疲れが溜まってしまうため、軽い運動をするようにして気持ちをリフレッシュすることが大切です。子育て疲れは短時間勤務で軽い運動もの続きはこちら