病院勤務で夜勤続きの看護師は精神的な癒しが必要

サイトについて

ずいぶん長く看護師として勤務しましたが、もうそろそろリタイアが近くなってきました。若いナースたちの仕事疲れを少しでも癒せればと思います。

新しい記事

夜勤の精神的な疲れはペットで癒されよう

LINEで送る

ハードな仕事をする上で、体調管理は非常に大事

看護師の夜勤は非常にハードで、身体的にも精神的にも様々な負担がかかってきます。その負担によって体調を崩すことも少なくないため、看護師として仕事をしていく中で体調の管理をどのようにするかは非常に重要な問題になります。もし体調を崩して仕事を休むことになれば、周りの看護師やスタッフに迷惑をかけることになってしまいます。そのようにならないためにも、体調を崩さないための対策を取ることが必要です。
夜勤で体調を崩さないためには、太陽光を利用して生活リズムを正常に戻すことが大切です。例えば夜勤明けの時には帽子などを利用して太陽光をなるべく遮断するようにして帰宅し、部屋もあまり明るくしないように工夫することができます。また、夜勤の翌日には起きてすぐに太陽光を浴びるようにして体内時計をリセットすることも効果的です。他にも様々な対策が考えられますが、太陽光であれば誰もが簡単に導入できる対策法であることから、かなりオススメできます。
それ以外にもスポーツが好きな看護師であれば休日にスポーツをしに行くという方法も効果的ですし、ショッピングに行くこともオススメです。そのため人によって自分の好きなことを探して、それを行うことでストレスを発散し体調も整えることが必要になります。

ペットの癒し効果で夜勤疲れを癒す

夜勤疲れによって崩れる可能性のある体調は、ペットを飼うという方法でも管理することが可能です。
日本国内では犬や猫などを始め、ハムスターや鳥など様々な動物がペットとして飼われています。飼い主のペットへの愛情はかなり深く、家族同然の扱いをして飼っているという人も大勢います。このペットには、触れ合ったり一緒に過ごしている人間の心を癒す効果があります。この効果は絶大で、これを利用したアニマルセラピーという動物療法で精神的な病気の治療をすることもあるほどです。
ペットを撫でたり抱きしめたりすると、ペットの暖かい体温がじかに伝わって来て気持ちを和らげることができるようになります。これが、アニマルセラピーによる癒し効果ということです。このように癒し効果のあるペットですが、ペットと触れ合うことで脳内ではオキシトシンというホルモンが分泌されるようになります。このホルモンは、沢山分泌されることで脳の疲れを取り精神を安定させて幸福感を与えてくれます。
心が疲れていると精神的に不安定になることがありますし、自分は幸せでないと思ってしまうことも十分に考えられます。それを防ぐことができるということで、ペットを飼って癒してもらうということは、夜勤疲れで精神的に参っている看護師にとってとても重要になるのです。

看護師におすすめの記事

看護師の夜勤疲れ
看護師の夜勤疲れ

夜勤は、看護師の仕事の中でも非常に重要なものとなっています。日中一生懸命仕事をした後で、夜に看護師が少ない中で仕事をすることになります。自分が担当する仕事量が増えるため、日中よりもハードで仮眠を取る時間もなくなってしまいます。加えて、夜勤リーダーとなった看護師が患者や家族への対応の責任者になることから、自分の判断への重要度がかなり増して精神的なプレッシャーも感じることになります。身体面だけでなく精神面でも大きな影響を及ぼすため、看護師の多くが疲れ切ってしまうことも少なくありません。夜勤疲れによって仕事を辞めたくなる看護師もいることから、非常に重大な問題となっています。看護師の夜勤疲れの続きはこちら

夜勤の精神的な疲れはペットで癒されよう
夜勤の精神的な疲れはペットで癒されよう

夜勤によって体調を崩す看護師の数は少なくありません。夜勤は非常にハードで精神的な疲れも大きいことから、そのような体調の変化が引き起こされます。体調を崩すと周りに迷惑がかかるため、様々な体調管理法を実践して体調を維持することが必要です。その方法の一つにペットを飼うというものがあります。ペットには、触れ合ったり一緒に過ごしている人を癒すという効果があります。動物療法として利用されることもある高い癒し効果は、飼い主の精神的な不安を解消し幸福感を与えてくれます。ペットを飼う事ができる人は、仕事疲れの癒しに検討してみる価値がありますよ。夜勤の精神的な疲れはペットで癒されようの続きはこちら

子育て疲れは短時間勤務で軽い運動も
子育て疲れは短時間勤務で軽い運動も

女性看護師にとっては、仕事と子育てを両立できるかは非常に重要になります。両立できないようであればどちらかを捨てなければなりません。しかし、仕事を辞めると再就職が大変になるということで、そのまま仕事を続け、子育てが疎かになることもあり得ます。そこで、短時間勤務の制度を導入する病院が増えてきているのです。これによって子育てと仕事の両立が可能になりますし、仕事への不安も解消することができます。また、子育てでも疲れが溜まってしまうため、軽い運動をするようにして気持ちをリフレッシュすることが大切です。子育て疲れは短時間勤務で軽い運動もの続きはこちら